前へ
次へ

転職で営業求人情報をチェックする際のポイント

営業求人情報を探して転職活動を行うにあたって、気をつけたいポイントがいくつかあります。
前職と同じような業種と職務内容の求人情報があり、スムーズにそこに転職できれば問題ありません。
しかし、景気の安定しない状況ではそうした好条件で採用されることは少ないでしょう。
なかなか希望する営業求人が見つからず落胆している人もいるかもしれませんが、焦る必要はありません。
もし前職と異なる業種であっても、過去の経験を活かすことは出来ます。
たとえば、前職が食料品を扱っていた会社なら食器製造や飲食店などの営業なら活躍できる可能性はあります。
求人情報を探す場合は、そうした業種間の関連性にも注目して調べてみましょう。
もう1つ気をつけたいのは、未経験でも可能という文言です。
これにはさまざまな意味があり、営業職自体を経験したことがなくても可能ということや、異業種からの転職は良いが営業職の経験は必須ということもあります。
応募する際には、未経験という表記の意味をあらかじめ確認しておくのが無難です。
また、営業職未経験であっても必ずしも採用の可能性について悲観することはありません。
プログラマーやSEの経験者であれば、その知識を活かしてハードやソフトを売り込むことは出来るでしょう。
採用面接に臨む際に自分のスキルについて詳細な資料を用意し、それらの知識をどのように活かすかを説明すれば、担当者にも熱意が伝わるでしょう。

Page Top